カメヤマ酵母はどんなタイプの健康食品?

さて、健康食品といっても、色々な種類がありますよね。
ジュースタイプ、カプセルタイプ、粒タイプと色んな形状がありますが、カメヤマ酵母はどんなタイプ?

 

●カメヤマ酵母は粉末タイプ

 

カメヤマ酵母は粉末タイプの健康サポート食品。
小さめの袋に粉末状の酵母が入っています。イメージ的には粉末の風邪薬。

 

ユニークだなと思ったのが、2種類ある抹茶味とヨーグルト味が酵母を包みこんでいます。
ちょっとイメージは良くないかもしれませんが、金魚のエサみたいに小さくてサラサラしています。

 

私は粉末タイプの風邪薬が苦手なので、私のように粉末タイプが苦手な方は
オブラートか薬局で詰め替えできるカプセルをお求めになって飲みやすくされるのも手かなと思います。

 

オブラードもカプセルも面倒!というあなたには、とっておきの強硬手段が…
その強硬手段とは「飲むときに鼻をつまむ」

 

子どものとき父に教えてもらった方法なんですが、これ結構いいんです。
ニオイが気になって呑み込めなかった薬があったりしましたが、これでかなり軽減しました。

 

さて、カメヤマ酵母の飲み方についてもう少し詳しく紹介していきます。

カメヤマ酵母はいつ飲めばいい?

粉末タイプのカメヤマ酵母。酵母の力を最大限に生かすにはいつ飲むのが効果的なのでしょうか?
効果的な飲み方を紹介します。

 

●水と一緒に 1日に2〜3袋を食後10分以内に

 

1日に2〜3袋ということなので、人によっては持ち運びされる方もみえると思います。
カメヤマ酵母がパウダータイプなので、かさばらなくて持ち運びも便利。

 

そして、水で飲むのもポイントです。

 

酵母はとても繊細で約40度の温度でないと効果を発揮しません。
私たちの胃の中は体温より少し熱い38〜40度。

 

この温度は酵母が発酵するのに適した温度。
しかし、温度に弱い酵母は胃酸にも弱いとか。
その為、抹茶とヨーグルトの粉末でコーティングすることで生きたままの酵母が
腸まで届き作用してくれるのです。

 

クチコミの中に、温かいものと飲むと効果を感じないというコメントがありました
理由は酵母の弱点によるものと考えられます。

 

そして、食後10分後という点もポイント。食べ物が胃酸で分解されてしまう前に
カメヤマ酵母を飲むことで、食べ物に含まれた糖分を酵母が分解しやすくなります。

 

ところで、ダイエットに良いというカメヤマ酵母。
その秘密は…?